役員紹介・組織図

交流委員会 基本方針

委員長 高井 友輔

 

 一般社団法人藤枝青年会議所は、「明るい豊かな社会」の実現という壮大な「志」のために、様々な活動を皆で助け合い協力し合いながら邁進して参りました。これは、メンバー同志が目的達成に向かって同じ時間を共有し、絆を深めてきたからこそ成し得ることができたのだと考えます。しかしながら、仕事の都合や家族からの理解や協力が得られず、参加意識が希薄となっているメンバーも散見されます。

 

 当委員会では、藤枝青年会議所全体で友情を育み、参加意識を向上させ、絆を深めていきます。そして、日頃の活動を陰で支えてくれる家族へ感謝の想いと藤枝青年会議所の魅力を伝えていきます。

 

 そこで、年間を通じてメンバー同志が交流できるイベントを企画します。メンバー同志の友情を育み、JC活動の参加意識向上を図ります。担当する6月例会では、それぞれの個性を活かして互いに助け合いながら一丸となって取組む例会を実施します。12月例会では、日々の活動を陰で支えてくれている家族を招き、2022年度の藤枝青年会議所の活動を家族と共に振り返ります。日頃の感謝の想いを伝え、家族そしてメンバー全員が笑顔となって一年間の活動を締めくくれる例会を実施します。3分間スピーチでは、参加意識が希薄なメンバーを巻き込みよりお互いを知ることのできる場を創出します。

 

 当委員会の活動を通じて、参加意識が向上し絆を深めたメンバーは本音で語り合うことのできる仲間となっていきます。そして、友情を深めていくことで互いの個性を知り、自身にはなかった新しい考えや学びが、自己を更に成長させていきます。また、家族は藤枝青年会議所への理解と関心が高まり、メンバーが活動することへの協力を得られます。交流を深め、絆が強固となった藤枝青年会議所は、「明るい豊かな社会」の実現に向かって邁進していくことと確信しています。

事業方針・事業計画

1.会員同士の交流を図り、絆を強固にする事業

2.6月例会の実施

3.12月例会の実施

4.全国大会取りまとめ

5.鯉のぼりの設営

6.3分間スピーチの実施

7.2名以上の会員拡大