役員紹介・組織図

事務局 基本方針

事務局長 山下 智之

 

 一般社団法人藤枝青年会議所は、本年度創立59年を迎えます。創立より今日まで諸先輩方が時代に合わせて変革し続けてきたように、これからの私たちも時代に合わせて変革していかなければなりません。そのためには、盤石な組織運営が不可欠であり、新たな手法を取り入れ効率よく機能し成果を出せる環境整備が必要です。

 

 当事務局は、理事会・三役懇談会が円滑に進む為に限りある時間の中で、効率的且つ質の良い討論・議論ができる設営をします。事務局としてLOMメンバーを下支えし、盤石な組織づくりに努めます。3月中部5JC合同例会では、他LOMの設営を事務局が学ぶとともにメンバーが交流を深める機会とします。7月例会では、藤枝青年会議所を多くの人にPRできるデジタルツールを学びます。
 

 そこで、議論がスムーズに行われるよう新たなデジタルツールを導入します。それにより各委員会は日程の把握ができ、期限内に資料提出がされるよう促します。3月中部5JC合同例会では、他LOMとの連絡調整を図り、メンバーに情報発信し参加を促します。7月例会では、藤枝青年会議所をより多くの人に発信する為の身近なデジタルツールを学ぶ例会を実施します。

 

 理事会・三役懇談会の設営・運営サポートにより質の良い事業・例会が行われ、デジタルツールを導入する事で、メンバーはスケジュール管理ができます。また、他LOMとの交流が刺激となりメンバーとLOMの成長へと繋がります。そして、デジタルツールを学ぶことで、多くの人に青年会議所の認知度が向上しLOMの発展となります。メンバー同士が、共に歩みを進めていくことで成長し、そして「明るい豊かな社会」を実現しようとする「志」を持ち、藤枝青年会議所は更に飛躍していくことと確信しています。

事業方針・事業計画

1.デジタルツールを取り入れ、効率的な組織運営

2.中部5JC合同例会の実施

3.7月例会の実施

4.理事長選考員選挙の設営

5.三役懇談会・理事会設営

6.名簿名刺作成管理

7.臨時・緊急時・災害時対応

8.賀詞交歓会取りまとめ

9.渉外管理 の取りまとめ

10.2名以上の会員拡大