役員紹介・組織図

会員交流委員会 基本方針

委員長 原田 裕年

 一般社団法人藤枝青年会議所は会員同志が協力し合う事により、大きな力が生まれ、充実した活動を行ってきました。一人では達成出来ない問題でも、メンバー同志の力を合せ解決へと導いてきました。これからの新しい時代も皆で協力し対応していく事が必要であり、そのためには今までよりも更にお互いの個性を知っていかなければなりません。だからこそ時代に対応した同志の団結と力強い藤枝青年会議所が今後も求められています。

 当委員会ではメンバー同志が交流を通し同じ時間を共有する事で、各々の成長に繋がり、それが団結力を育み、強固な藤枝青年会議所を造り上げます。

 そこで、担当する7月例会では、藤枝青年会議所会員が7月例会を体験することで友情を育む事ができ、団結力を個々が実感できる例会を設営します。48回目となる藤枝JC杯争奪少年少女サッカー大会では、全国各地から参加して頂く子供達やチーム関係者などに、記憶に残る素晴らしい大会になるようサッカー協会と協力し運営を行います。そして2021年の集大成となる12月例会では、一年間を振り返り、藤枝青年会議所として、また個々それぞれが築き上げてきた絆や友情を実感出来る例会を設営します。また担当する3分間スピーチでは、3分間スピーチを行うメンバーの個性を深く掘り下げる紹介方法を取り入れ、話しやすい場の空気に出来るように、会場を盛り上げます。

 会員交流委員会の活動を通して、メンバー同志の間に、上辺だけではない絆が芽生え、また様々なメンバーと交流する中で自分とは異なった意見や考え方など取り入れる事で自分に足りないものを知り、自身の成長を促す事が出来ます。そして自分自身の成長と同志との繋がりは藤枝青年会議所としての団結力や活力に繋がっていきます。心を通わせ、強い絆で繋がったメンバーは藤枝青年会議所へ、絶えることのない活力を与え、今後も藤枝青年会議所は更に多くの貢献ができる組織になることと確信致します。

事業方針・事業計画

1、真剣から生まれる友情を構築する事業

2、7月例会の設営

3、12月例会の設営

4、藤枝JC杯争奪少年少女サッカー大会の実施

5、世界会議とりまとめ

6、3分間スピーチの実施

7、会員拡大2名以上

​年間スケジュール ※実施日は状況により変更します。

14-05-03%20kaiinkouryu%20shosinNo8_page-